鎖樋の取り付け方法 Installation method

鎖樋や樋の形状によって、取り付け方が変わってきます。それぞれの鎖樋の種類別に取り付け方を詳しく説明していきます。

上部の取り付け方法

下部の固定方法

鎖樋の種類:筒、筒L、玉、玉L、竹 の場合

付属品:ステンレス集水器、吊り金具、蝶ナット、六角ナット2個
付属品の詳細については
こちらから

取り付け後のイメージ

角樋に取り付ける場合

写真をクリックするとスライドショーが流れます。

  1. Step1

    45Φの穴(鎖樋がLサイズの場合は60Φ)の穴をあけます。
    集水器を落とし込む穴を樋の底に開けます。必要に応じてコーキングし、穴とステンレス集水器とのつなぎ目からの水漏れを防ぎます。

  2. Step2

    穴の中心に付属金具のステンレス集水器を落とし込みます。
    必要に応じてコーキング剤を使いつなぎ目からの水漏れが無いように張り合わせてください。

  3. Step3

    一番上の鎖樋に専用の長ネジを取り付けた後、長ネジに付属の六角ナットを取り付け、軒樋に取り付けたステンレス集水器の穴から引き上げます。

  4. Step4

    吊り金具の中心の穴に長ネジを通し、引き上げた後に2つ目の六角ナットを締めてしっかり固定してください。

  5. Step5

    六角ナットで締めた後、さらに蝶ナットできつく締めてください。

注意事項
風雨で鎖樋が揺れて、徐々にナットがゆるくなった結果、落下したケースがあります。必要に応じて先端部を曲げる、ネジ山を潰すなどしてネジの緩み防止を行ってください。

丸樋に取り付ける場合

写真をクリックするとスライドショーが流れます。

  1. Step1

    丸樋の底に有効孔径が25Φ、(Lサイズの場合には40Φ)の穴を開けてください。
    切込部は垂直折り下げで曲げます

  2. Step2

    一番上の鎖樋に専用の長ネジを取り付けた後、長ネジに付属の六角ナットを取り付け、軒樋に取り付けたステンレス集水器の穴から引き上げます。

  3. Step3

    吊り金具の中心の穴に長ネジを通し、引き上げた後に2つ目の六角ナットを締めてしっかり固定してください。

  4. Step4

    六角ナットで締めた後、さらに蝶ナットできつく締めてください。風で鎖樋が振れて落下したケースがあります。

鎖樋の種類:波紋、水雲、水雲L、網代 の場合

付属品:ステンレス集水器、吊り金具、ステンレスワイヤー

付属品の詳細については
こちらから

取り付け後のイメージ

角樋に取り付ける場合

写真をクリックするとスライドショーが流れます。

  1. Step1

    45Φの穴(鎖樋がLサイズの場合は60Φ)の穴をあけます。
    集水器を落とし込む穴を樋の底に開けます。必要に応じてコーキングし、穴とステンレス集水器とのつなぎ目からの水漏れを防ぎます。

  2. Step2

    穴の中心に付属金具のステンレス集水器を落とし込みます。
    必要に応じてコーキング剤を使いつなぎ目からの水漏れが無いように張り合わせてください。

  3. Step3

    一番上の鎖樋にステンレスワイヤーをかけて、軒樋に取り付けたステンレス集水器の穴から引き上げます。

  4. Step4

    吊り金具にステンレスワイヤーを括り、固定します。
    円の中心に合うように固定してください。余分なワイヤーは切り落としてください。

丸樋に取り付ける場合

写真をクリックするとスライドショーが流れます。

  1. Step1

    丸樋の底に有効孔径が25Φ、(Lサイズの場合には40Φ)の穴を開けてください。
    切込部は垂直折り下げで曲げます。

  2. Step2

    Step1で開けた穴を中心に、吊り金具を置きます。

  3. Step3

    番上の鎖樋にステンレスワイヤーをかけて、穴から引き上げます

  4. Step4

    吊り金具にステンレスワイヤーを括り、固定します。
    円の中心に合うように固定してください。余分なワイヤーは切り落としてください。

鎖樋の固定方法について

取り付け後のイメージ

基本的に鎖樋の下端は錘やアンカー等を使って固定してください。
固定しないと風雨で揺れて建物を破損する恐れの他に、鎖樋が壊れることがあります。

固定には大きく2つの方法があります、1つは錘を使って固定する方法で、もう1つはアンカー等を地面に挿して鎖樋の下端と結びつける方法です。

錘を使う場合

写真をクリックするとスライドショーが流れます。

  1. Step1

    錘を鎖樋の直下に設置します。
    鎖樋から多少水が飛ぶので、錘の周りには泥や水跳ねを防ぐため砕いた石などを周囲50センチ程敷き詰めることをお勧めします。

  2. Step2

    錘に付属のボールチェーンを通します。
    なお、雨影、雨鉢には十字形の専用の固定用の金具があるため、そちらとボールチェーンを締結します。

  3. Step3

    鎖樋の下端にボールチェーンを通し、ボールチェーンの先端に付いている金具を使い両端を結びつけます。

アンカーを使う場合

写真をクリックするとスライドショーが流れます。

  1. Step1

    アンカーを鎖樋の直下に固定します。
    固定箇所がコンクリートや土など各々の環境下で最適のアンカーをお選びください。
    アンカーは鎖樋には付属しておりません。

  2. Step2

    鎖樋にボールチェーンを通します。
    ボールチェーンが必要な場合には、鎖樋ご注文時にお申し付けいただければオプションで付属します。

  3. Step3

    鎖樋の下端にボールチェーンを通し、ボールチェーンの先端に付いている金具を使い両端を結びつけます。