鎖樋の歴史 History of Rain Chains

 雨樋の一種である鎖樋は日本の建築の歴史と共に時代にあわせた進化を続けています。

鎖樋の歴史

鎖樋は建物の横樋から地面に向かって、屋根に落ちた雨水を導く縦樋の一種です。縦樋は通常、パイプ状のもので雨水の流れを見せずに、そのまま地面に流すためのものですが、鎖樋は屋根から横樋に導かれた雨水が鎖を伝うように排出されるのを目で見て楽しむ、日本で発祥した古くからある建材です。四季のある日本の季節、情緒を表現する建材として、古くから社寺仏閣や和風建築に利用されてきました。
鎖樋は、日本の建築様式の一つである数奇屋造りに用いられたことが始まりとなります。数奇屋とよばれる建築が出現したのは安土桃山時代で、小さな茶座敷を「数奇屋」と呼んでいました。茶人たちは格式ばった形や豪華な装飾を良しとせず、庶民の素朴な材料や技術をこだわりなく採用して数奇屋造りの建物が作られていました。鎖樋も同様に素朴な材料が用いられ、当初は植物の棕櫚(しゅろ)の表皮の繊維を編んだ棕櫚縄を、竹や木で作られた樋から垂らして雨水を伝わらせ、鎖樋としていたそうです。棕櫚縄を用いた鎖樋は、現在でも東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」へ移築された「三井八郎右衛門邸」の玄関横樋で利用されており、見ることができます。
時代が経ち、雨樋も竹や木の自然素材から作られていたものが、金属の加工技術が発達し、銅などの金属で雨樋が作られるようになります。鎖樋も棕櫚縄から金属を鎖状に連結した形のものとなり、さらに発展して水の流れが良い金属製のカップ型のものが作られるようになっていきました。
和風建築専用の樋として日本で独自の進化を続けてきた鎖樋は、約半世紀ほど前に一般的な住宅にも少しずつ使われるようになりました。その後、住宅の洋風化が進み使われる機会も少なくなっていましたが、近年ではその意匠の面白さから、建築家が和風の雰囲気を活かした建物に使用する場面や、現代的な商業ビルなどに取り入れファサードとして活用するなど、従来の視点では無かった新たな活用方法が生まれています。

江戸東京たてもの館
三井八郎右衛門邸 棕櫚縄の鎖樋

鎖樋の活用方法について

住宅、または商業施設のファサードとして利用することができます。雨の日には水が流れますので、自然に任せていつもとは違った雰囲気を演出することができます。また、植物などを取り入れてグリーンカーテンを作ることもできます。
建物の構造上でパイプの縦樋を使いにくい所や、デザイン的にパイプを使いたくない所に鎖樋が活用できる可能性があります。特に軒先が長く張り出してしまい樋の取り回しが複雑になってしまう箇所で鎖樋を使うと、軒先から真っ直ぐに雨水を落とすことができるので、シンプルに雨水を処理することができます。
鎖樋をデザイン的なアクセントとして利用することができます。昔ながらの和風の鎖樋を現代的な建物に活用することで、和の雰囲気を演出することができます。また、デザイナーと共に製品開発を行った製品「筒」、「竹」、「玉」については、スッキリと洗練された形が特徴で、建築家が設計するようなデザイン性の高い建物にも取り入れやすい製品となっています。

 

 

日本の樋の歴史と用途

樋は雨の多い地域で利用され、雨が軒先から垂れて地面を掘り返すことを防ぐことや、建物自体を雨水の濡れから防ぎダメージや劣化から守ることを目的として取り付けられています。江戸時代までの日本の住宅は茅葺きの家が多く、一箇所に集中的に雨が垂れるようなことがなかったため、一般的にはあまり使われることもありませんでしたが、寺院や城、神社などは飛鳥時代に中国から日本へ伝来した陶製の瓦が使用された建物が多く、軒先から集中的に垂れる雨を防ぐために竹や木で作られた樋で雨水を集めて地面に導いていました。
江戸時代以降、東京を中心とした一部の都市に人口が集中した結果、住宅が密集するようになり雨水が隣家とのトラブルの原因となりました。また、日本の建築の特徴である木と茅葺きで作られた家は非常に燃えやすく、徳川幕府は防火のために茅葺きから陶器で作られた瓦を屋根に葺くことを推奨したため、瓦屋根とともに雨樋が寺院や神社以外にも一般的にも普及していったそうです。
樋は日常的に雨水が通るため、木や竹などの素材では劣化が早く、数年に一度は掛け替える必要がありました。そのため、重要度の高い寺院、神社、城などの建物には銅などの金属が使われて作られていました。江戸時代以前は銅および鉄などの金属は非常に貴重で一般的にはとても使えるものではなかったようです。
明治以降、銅製の板が一般にも使えるように普及し、それを板金職人が加工して金属製雨樋として広がっていきました。銅は水に強く、鉄よりも柔らかいために職人が加工しやすく、さらに銅には空気中の酸素と反応して発生する緑青が美しいという特徴があり、雨樋の他にも瓦に代わる屋根材料として一般的にも使われる素材となりました。 昨今では金属加工の技術が大きく向上し、銅の他にもステンレスやガルバリウムなど様々な金属素材の雨樋が普及しています。

 

瀬尾製作所が長年、鎖樋を作ってきた歴史について

瀬尾製作所はカップ型のものが作り始められた1960年代から鎖樋を作っています。それ以降、新しい形の鎖樋の開発を続け、現在では、ユネスコの世界遺産として登録されている日光東照宮の宝物殿に当社の鎖樋を採用された他、国内外の様々な建築家や建築会社が設計するデザイン性の高い建築物にご利用いただく機会が増えております。
ライフスタイルの変化に伴い、和風建築から現代的な建築に少しずつシフトしていますが、伝統的な形状の鎖樋の他に、時代の変化にあわせて、意匠的にも現代の建築に取り入れることができるような新しいスタイルの鎖樋を作りたいと考えています。