波紋 網代 水雲
取り付け方

DSC_0328加工済み.JPG



軒樋には縦樋用に穴が開いている場合がございます。
角樋でφ45~φ60までの穴でしたら、付属のステンレス集水器が取り付けられます。この集水器は鎖樋にきれいに水を流すためにおすすめしております。


 .

付属品




標準で製品と同梱されている取付金具は3つになります。
ステンレス製のφ4mmの線で作られている長さ140mmの吊り金具と、同じくステンレス製1mmの針金約1m,ステンレス集水器です。

ステンレス集水器

取り付け方

集水器を付ける

穴の直径がφ40以上になると雨水が鎖樋に収束しにくくなるため、付属のステンレス集水器を付けることをおすすめします。集水器を付けると、水の流れが鎖樋に伝わりやすくなるため、きれいに流すことができます。

ステンレス集水器の図面

DSC_0169.JPG①φ45の穴をあけます。
集水器を落とし込む穴は、φ45~φ60だと落とし込むことができます。
あまり大きいと、集水器がずれて水漏れしますので、コーキング剤を使用して固定してください。

DSC_0235.JPG②穴の中心に合うように集水器を落とし込み、図のように金具を置きます。
コーキング剤を使って水漏れが無いように張り合わせてください。

DSC_0245.JPG③鎖樋に付属の針金をかけ、穴から引き上げます。

DSC_0254.JPG④図のように針金を棒に括り付けます

円の中心に合うように固定してください。





.

丸樋・角樋に直接付ける

※写真は丸樋ですが、角樋にも同じ手順で取り付けられます。

DSC_0273.JPG①φ25~φ30の穴をあけてください。
切り込みを入れて下側に折り込んでください。

DSC_0268.JPG②図のように吊り金具を置きます。

DSC_0245.JPG③鎖樋に付属のワイヤーをかけ、穴から引き上げます。

DSC_0266.JPG④図のようにワイヤーを吊り金具にくくり付けてください。
円の中心に合うように固定してください。
余分なワイヤーは切り落としてください。